新型コロナ感染状況(国内)

当ホームページに新型コロナ感染状況グラフの欄を設け随時アップデート中です。詳細は下線を引いた青色太字をクリックください。(グラフはクリックで拡大できます。)

2021年10月中旬以降、約2か月間は、1~2の例外を除いて、全ての都道府県でステージ1(感染ゼロ又は散発)となりました。ところが年末年始感染が急増し、ステージ1に留まっているのは無くなり、すべての都道府県でステージ4(感染爆発)となりました。
2022年2月初めにピークに達して以降感染が収まりつつありましたが、ゴールデンウィークに入り、感染が再拡大しました

[人口千万人あたりの新規感染者数]
2022.5.18 時点の直近1週間平均
(ワースト10の地域)
沖縄県:14172人、北海道:4965人、宮崎県:4517人、福井県:4529人、石川県:4418人、広島県:4300人、鹿児島県:4080人、福岡県:3867人、高知県:3820人、香川県:3603人

[致死率及び今後の感染見通し]
第6波の死者数は第5波の3.5倍となりましたが、致死率は若干下がったようです。一方、下降中だった感染者数は高止まりの兆候がみられ、「感染爆発」レベルから脱する時期は不透明となっています。